Website Review

『SEO(Search Engine Optimization):検索エンジン最適化』 とは、GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンを対象として検索結果でより上位に表示されるようにWEBサイトを作成したり、リニューアルしたりすること、またはその技術の総称でもある。

時々、SEM(サーチマーケティング):リスティング広告(サーチエンジン上のクリック課金:PPC広告とも呼ばれる)やSEOを含むサーチエンジン上のマーケティングを行うことと、勘違いしている方を見かける。広告は検索画面の上部に表示されるため、SEMに力を入れる企業さんも多く見受けられるが、ユーザーは無意識に広告を無視してしまうといった傾向も見られる。

あくまでも、お金をかけずに「ユーザーにとって有意義なコンテンツの提供ができるかどうか」がSEOの判断基準になることだけご理解いただきたい。

こちらのサイトでは、SEO改善・対策に便利そうな無料TOOLを紹介していきたいと思います。

【SEOPTIMER】
http://www.seoptimer.com/

seoptimer

こちらのサイトではURLアドレスを入力してチェックボタンを押すと、そのページでの改善点やリンクURL先などを「OK」「NG」で教えてくれます。タイトルは適度な長さであるか、サイトの説明はされているかなどの確認ができます。検索ページで表示されるタイトルやサイト説明の文字数は限られており、一番最初にユーザーに見てもらうことになるものなので、適度な長さでユーザーが探しているものピッタリに書き換えることが重要となります。

 

【Google Analytics】
http://www.google.com/analytics/

analytics

おそらく世界で一番使用されているGoogleで用意している無料SEOツールです。
Google検索を対象にどれだけの人が現在サイトに訪れているかなど肌理細やかな配慮がなされていますし、アクセス人数や目標・離脱ページなども教えてくれますので、ユーザーが何を求めてサイトを訪れたのか、求めていたものではなかったためにそのページから離れたなど、の判断材料にもなります。ぜひ活用していただきたいと思います。

 

【Google Search Console】
https://www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja

searchiconsole

Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。
Analyticsのようにユーザー管理をするのではなく、Google検索結果でのサイトパフォーマンスを確認し、Googleが自分のサイトにアクセスできるようにしたり、クロール対象の登録や検索結果に表示したくないページを管理したり、ユーザー側ではなく、サイト作成側にとってGoogleにどのように認識されているのかを知るツールです。WEBサイトに係わる方すべてに利用していただきたいツール。

ご自信のWEBサイトがユーザーにとって有意義なものであるかどうか、きちんと検索されてここへ辿りついているかどうかなど、WEBサイトを作成したら満足するのではなく、日々、ユーザーがどのような内容を知りたいかを制作側もきちんと知って、ユーザーとの対話につながるように作成していただきたいと思います。

↑ PAGE TOP